喜多方老麺会とは

喜多方市内に約120軒ほどあるラーメン店が、集まり作った団体が「喜多方老麺会」です。
喜多方老麺会に加入している店舗店先には、黒い「喜多方老麺会」ののぼり旗を掲げております。

会長(理事長)

初代 会長
矢田目 昇
2代 会長
星 龍一
3代 会長
坂内 ヒサ
4代 会長
大湊 公久
5代 理事長
鈴木 伸一
6代 理事長
坂内 章一
7代 理事長
若菜 紀子

喜多方老麺会の沿革

1987年3月4日
蔵のまち 喜多方老麺会 発足
1999年
4代目 大湊 公久 就任
加盟店舗数58店
1999年3月
法人化へ向けて臨時総会
共同組合 蔵のまち 喜多方老麺会 創設可決
1999年7月
第一回 実践福祉技術講習会 - 特別養護老人ホーム しょうぶ苑 -
2001年2月
うつくしま未来博のタイアップ事業として第一回 蔵のまち喜多方冬まつり開催
2001年4月
白井市長への名誉会長 就任式を行う
2001年6月
第二回 実践福祉技術講習 - 老人保健施設 天心ケアハイツ -
蔵のまち喜多方市民号参加 喜多方市と老麺会による喜多方ラーメンPR
2001年9月13〜16日
うつくしま未来博 喜多方ラーメンの日ブース出展 11店舗の店主の応援を得て4日間の大変な暑さの中大成功
2002年2月
第二回 蔵のまち喜多方冬まつり開催
2002年6月
第三回 実践福祉技術講習 - 老人ホーム 松風園 -
蔵のまち喜多方市民号参加
2003年3月
地場小麦を使った喜多方ラーメンの実現へ市が動く
2003年6月
蔵のまち喜多方市民号参加
2003年12月
第四回 実践福祉技術講習 - 特別養護老人ホーム しょうぶ苑 -
2004年
地元生産の小麦「ゆきちから」製粉。試食会で好評を得る。今後に期待
2004年11月
新潟県中越地震の被災者を元気づける。蔵のまち喜多方老麺会、会津喜多方青年会議所、喜多方市民活動サポートネットワーク、他40名。長岡市にて1300食の喜多方ラーメンを提供した
2005年2月
第五回 蔵のまち喜多方冬まつり開催
地消地産 喜多方市、坂下町、国見町による一市二町の純福島県産小麦「ゆきちから」の麺でラーメンフェスタにて盛り上がる
2005年6月22日
「喜多方ラーメン」商標登録を視野とし「喜多方老麺会」法人化へ
2005年7月3日
「県あいづディスティネーションキャンペーン」の一環として蔵のまち喜多方老麺会主催による第一回喜多方ラーメン食べあるき大会の開催。県内外より約300名が参加
2005年8月
ミニラーメン販売検討および新メニューの意見交換。喜多方市関係者、会津喜多方商工会議所、老麺会理事、計20名が参加
2005年9月25日
第二回喜多方ラーメン食べあるき大会の開催。映画撮影をご縁として哀川翔 氏がラーメン大使となる
2006年2月
第六回 蔵のまち喜多方冬まつり。究極の地消地産、純喜多方産小麦ゆきちから100%使用した麺を提供。2日間13時間弱で1700食提供記録
2006年5月
地域のために何が出来るのか?「こども麺道味隊」の発足
2006年12月
「蔵のまち喜多方老麺会」法人団体へ一本化

喜多方ラーメン 商標登録

地域ブランド確立のため、地域団体商標制度での商標登録を目指した